令和の革命教員

学校教育はおかしいぞ

通知表、評定の数字はなくすべきではないか?

 これまでの記事を読み返して、思ったことですが、私はどうやら口が悪いです。

 私の愚痴のはけ口になっており、気分を害される方がいたら申し訳ありません。ただ、この思いをどこかに吐き出したいのです。許してください。​​

 
 さて、前回今年度から学習指導要領が変わり、成績(評定)が大きく変化することを少し書きました。この変化していこうとする姿勢はステキなものです。


改めて、今年度からの変化のポイントをまとめると以下のようになります。

 

​​​新学習指導要領において、育成すべき資質・能力の3つの柱は、

「個別の知識・技能」

「思考力・判断力・表現力等」

「学びに向かう力・人間性等」です。

 

これまでの成績における4観点

「関心・意欲・態度」

「思考・判断・表現」

「技能」

「知識・理解」

と比べると、「技能」と「知識・理解」が合わさった形になります。

ちなみに国語科は「関心・意欲・態度」「話す・聞く」「書く」「読む」「言語(略)」となっていました。

​​​

 

 確かに、これまでの制度においては、課題等の答えを丸写ししたり、ノートを出せば、「関心・意欲・態度」の評価は高くなることができました。そのため、なかなか授業の理解ができない生徒に対して、「答えを写してくるのも勉強だ。」という教員がいたことも事実です。しかし、そういった答えの丸写しが生徒の学習のプラスに働かないことは明白です。表現を悪くすれば、「真面目にコツコツ頑張っている生徒」と「答えを丸写ししている生徒」の評価が「提出物を出した」という意味においては同じ評価になってしまうのはあまり納得はできません。

 

​​ ただ、今回の「粘り強く取り組む姿勢」や「主体的に学習に取り組む態度」は多くの問題を抱えています。(ここに書く内容は私が研修等で学んだことを踏まえて疑問に思ったことを書いているため、間違っているかも知れませんが、少なくとも本校での研修では以下のような判断となりました。)


 授業をする中で1時間の授業で内容を十分に理解できる生徒がいる一方で、家庭や塾でコツコツ学習に取り組むものの、なかなか点数に結びつかない生徒がいます。
 多くの生徒がいれば、

 「熱心に勉学に励まなくても80​点をとれる生徒」と

 「熱心にコツコツ努力して​60​​​点を取る生徒」
 

 がいるものです。


 わかりやすい例が、体育です。努力しても急激に足が速くなったり、身長や筋力の違いがあって、粘り強く取り組む前から、結果がおのずと見えているものもあります。ただ、今回の変更ではそこに関しては触れることがありません。

 そのため、50m走の授業があった際に速く走ることを目標にした授業があった場合、


A「指導も聞かず、50m走で7.0秒で走った生徒」
 

B「理想のフォームを追求し、教師の話を聞いて50mを全力で走って8.5秒の生徒」
   
   の二人がいた場合、Bさんは粘り強く取り組むことができなかったので、タイムの結果に表れることがなかったと判断されます。一方のAさんはタイムが良いので、粘り強く取り組んだのだろうという評価をすることになるのです。

 

 まぁ、今回の例は早く走るという目標だったのですが、「50m泳ぐこと」や「期末考査や小テスト等での点数」「習字における美しい字」等でも同様のことが容易に考えられると思います。

 そうした違いを考慮せず、ただ、粘り強く取り組むことや、主体的に学習に取り組む姿勢を評価に入れようとすること自体が今の日本の教育の問題です。学校現場においても、言われたから従うという状態ができあがっていますが、教育現場を十分に知らない人間が定めたルールに従っていてはより良い発展は見込めないものでしょう。

 

 いろいろ考えましたが、私個人からすれば、学校現場における「成績」はあまり必要ないものだと思います。なくなっても、大きく困らないものだと思います。各個人の評定よりもテストでの点数でおおよその自分の能力を判断することができればよいのではないでしょうか?むしろ、そういった判断能力を培うことの方が正しいと思います。

 

 進学等で影響を持っているから必要なものだと感じてしまいますが、入試の点数等で判断することができれば、不必要なものになると思います。教育現場での断捨離を願いたいものです。

 

 私はまだまだ未熟ですが、このブログを通して、より良い学校生活を提案できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

 

 


中学校教育ランキング